彼女が欲しいけどできない!知らないと彼氏候補から外されるたった1つの要因とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
jimmy-bay-129375

彼女が欲しい・・・でもどうやって?

彼女ができない人が、真っ先にやるべき事があります。それは・・・

Q.ダサい男性とのお付き合いはアリですか?

「アリ」42.7%
「ナシ」57.3%
出典:女性に聞いた! 「ダサい男子」とのお付き合いって、アリ? それともナシ?|「マイナビウーマン」

そう!服装をなんとかしましょう!

服装がダサいだけで彼氏候補から除外される可能性大です。これでは彼女が出来る確率がガクンと下がってしまいます。

ちなみに、ナシと答えた人の主な意見は、

「一緒にいて恥ずかしい」

確かにダサい人と並んで歩いたり、友達に紹介したりするのはなんだか嫌です。

心理学でハロー効果というものがあります。その人が持つ肩書、容姿、年収、家柄などの1つ特徴が、その人自体の評価を変えるというものです。

ハロー効果(ハローこうか、英:halo effect)とは社会心理学の現象で、ある対象を評価をする時に、それが持つ顕著な特徴に引きずられて、他の特徴についての評価が歪められる(バイアス)現象のこと。

出典:Wikipedia

例えば、ものすごい美人と一緒に歩いている男性を見ると、「この人実はすごい人なんじゃないか・・・」と勝手に想像して、その人の印象が変わりますよね。

同じように、ダサい男性と歩いていると、その女性の評価が下がる可能性があるという事です。「ナシ」57.3%というのは、自分の評価を下げるというリスクを冒してまで、あえてダサい人と付き合おうと思う人が少ないという事ですね。

スポンサードリンク

彼女が欲しいならオシャレになろう

ファッションセンスないし・・・と嘆いている方も多い事でしょう。実際、街を歩く人を見れば分かりますが、オシャレな人と、ダサい人は明らかに醸し出す雰囲気が違います。

ですが、これは才能による違いなのでしょうか? プロのアスリートを作り上げるように、幼少期からファッションのスパルタ教育を受けた結果なのでしょうか?

答えはNOです。そうです、オシャレは作れます。もちろん体型などの制限によって、オシャレ度合は変わってきますが、ファッションの原理原則は変わりません。

確実にダサいを脱却する方法

あなたはメンズファッションでオシャレを構築する上で最も重要な要素は何だと思いますか? それは「ドレスとカジュアルのバランス」です。

〔中略〕

この両者のバランスをとった、中間に位置するのが「街着」なのです。カッチリとし過ぎず、またそれでいてルーズ過ぎず。最適なバランスを見つけることがメンズファッションにおけるオシャレを成り立たせる肝です。

出典:http://www.neqwsnet-japan.info/

 

これはファッションのプロであるMBさんの言葉です。この方、オシャレの原理原則を、ロジカルに解説できる凄い方です。

 

そうです。ファッションは論理的に説明可能なんです。「これがこうなって、こうなるからオシャレに見える」というのを具体的に言葉と写真を使って分かりやすく解説してくれる唯一のファッションアドバイザーがMBさんです。

ドレスとカジュアルのバランス理論

MBさんが提唱する、ドレスとカジュアルのバランス理論は至ってシンプルです。日本人の場合、ドレス7:カジュアル3の割合でファッションを構成するとオシャレに見えるというものです。

○カジュアル
カラフル、柄物、太い、シワがある、ラフ、子供っぽい

○ドレス
モノトーン、シンプル、細い、つるっとした、光沢のある、カチッとした、大人びた

簡単に言えば、ドレスはスーツスタイルです。スーツスタイル的な要素が入った服をドレス、それ以外はカジュアルと覚えておけばいいです。

「ドレス7:カジュアル3でファッションを構成する」

正直、このシンプルな法則が日本に広まれば、日本の男性のファッションは激変するはずです。というのも、多くの非オシャレ男性のクローゼットは、カジュアルで埋め尽くされているからです。日本で普通に生活して、何も考えずに服を買っていると、自然にカジュアル寄りになってしまうんです。

ファッションにロジックを

たまに中学生みたいな服装のおじさんを見かけます。その人のファッションを見ると、全ての服がカジュアルで構成されている事に気付くはずです。ドレス・カジュアルという概念を論理的に理解しているだけで、

「あっこの人は、パーカーにジーンズ、スニーカー、シルエットも全て太めで色も入っている。ドレスの要素が無いからダサいんだな」と、ファッションを論理的に分析する事ができるようになります。

この概念を持って街を歩く人を観察すると、今まで見えなかった事が凄くクリアに見えます。

「このひとおしゃれだな・・・」と漠然と見えていたものが、

「この人は一見カジュアルだけど、パンツを細身でモノトーンにしているからバランスがとれてオシャレに見えるんだな」という感じで、オシャレの仕組みが分かるようになります。

もっと詳しく知りたい方は、MBさんのブログやメルマガを購読するといいです。ほんと目から鱗が飛び出しますよ。

最も早くオシャレになる方法とは?メンズファッションで気を配るべき一つの答えとは? | 【最も早くオシャレになる方法】現役メンズファッションバイヤーが伝える洋服の「知り方」/ Knower Mag

ファッションを論理的に説明してくれる人って、なぜか今までいなかったんですよね。ちょっと勉強すれば、オシャレになる事は難しくないと分かるはずです。

もしあなたが学生ならラッキーとしか言いようがありません。MBさんのメルマガの購読者は30~40代が一番多いそうですが、皆さん口を揃えて「学生時代に知りたかった・・・」とおっしゃるそうです。学生時代に知っていたらもっと簡単に安くオシャレになれて、もっとモテたのに・・・と。

今すぐ彼女が欲しい!

彼女を作るならファッションを何とかする必要があるという事は分かっていただいたと思います。その為には、ファッションをロジカルに思考する事が最短ルートであると。

MBさんのメルマガやブログなどは、いわば教科書のようなものです。教科書を読む事で、知識を増やしていき、段階的にファッションスキルが上がっていくイメージですね。

ドレスとカジュアルの理論を知っただけで、ファッション的飛躍は保証されますが、やはり教科書を読んですぐにオシャレになるのではなく、読みながらいろいろ自分で試してトライ&エラーを繰り返す事で着実にレベルアップしていくはずです。

でも、今すぐおしゃれになって彼女が欲しい!という方もいるでしょう。

そんな方にはleeap(リープ)がおすすめです。リープはプロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれて、その服をレンタルする事ができるサービスです。

leeap(リープ)のサイトトップ画

ファッションの知識を持たずに、簡単にオシャレになれる秘技のようなものです。

なぜリープがおすすめなのかというと、

  • すぐにおしゃれになれる
  • 7800円でトータルコーデを作れる
  • スタイリストに質問できる
  • 自分に合う服のサイズを知る事ができる
  • ファッションの幅を広げることができる

身長や肩幅、体型、ライフスタイルなどを共有する事で、自分に合った服を選んでくれます。スタイリストさんとはLINEでやり取りできるので、要望を伝えたり、質問をしたりする事もかんたんにできます。

今すぐおしゃれになりたいと思った時、全身のコーデを作るためには大きな出費が伴います。かといってファッションの知識が無い状態でUNIQLOなどのカジュアルブランドでコーデを作ると、どうしても安っぽくなったり、オシャレとは程遠い無難なファッションになりがちです。

リープは7800円でトータルコーデを作ってくれます。もちろん名のあるブランドの服で構成されるので、安っぽくなることもありません。

自己イメージを更新する

そして、リープの最もおすすめなポイントは、自分のファッションの可能性を大きく広げる事ができるという点です。どういう事かというと、服を買うときって、どうしても過去の自分のファッションに影響を受けてしまいがちです。自分っぽい服や、自己のイメージにあった服を選ぶ事になるので、同じような服を選んでしまうんです。

リープは自分で服を選ぶ事ができません。プロのスタイリストさんが、この人にはこの服が似合う!と思った服を選んでくれるので、いい意味で自分の期待を裏切るような服が送られてきます。

そういう服を身につけることで、

「おれ意外とこういう服似合うな・・」とか

「細身のパンツがこんなに使えるなんて!」とか

いろんな気付きがあり、勝手にファッションの幅が広がっていきます。もちろん要望を細かく伝えることも出来ますが、ある程度の好みなどを伝えて、あとはスタイリストさんに委ねるというのがおすすめの使い方です。

ファッションの幅が広がるとは、着れる服が増えるという事です。選択肢が増えるので、自然と自分に合う服が選べるようになってきます。そして、今までいかに狭い範囲で服を選んでいたのかという事に気付かされるはずです。


⇒leeapの詳細はコチラ

まとめ

ダサいと彼氏候補にすらならない可能性が高いという事実を知ったら、もうファッションに無頓着ではいられなくなります。

とりあえずダサくなければ「ナシ」57.3%に入ることを免れます。ドレス7:カジュアル3、これだけ覚えれば、まずダサくなることはないので、是非、今後のファッションの参考にしてみてください。

 

0 この記事が役に立った!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です