”あたり前”をやめたら乾燥肌が治った!!秋冬の乾燥肌対策”新”常識

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
old-woman-574278_640

乾燥の季節がやってきました。

毎年、秋口から乾燥肌に悩まされていた私ですが、毎日あたり前のようにやっていた、ある事を止めたら、驚くほど簡単に解消されてしまいました。

この記事では、乾燥肌を改善し、肌の痒みや、湿疹の改善、さらに、ツヤのある若肌を手に入れる方法を紹介します。

スポンサードリンク

乾燥肌対策

秋冬の乾燥肌の原因は、大きく分ければ、

  1. 空気中の水分量の低下
  2. 肌の皮脂量低下
  3. 体内の水分量低下

この3つになります。

秋~冬にかけては気温が低下することで、空気中に含まれる水分量が低下します。その為、乾燥した空気に肌の潤いを奪われてしまいます。さらに、肌をコーティングする皮脂も減ってしまうんです。

そして、寒くなる事で、夏場のようにコマメな水分補給をする事が無くなってしまいます。それにより、慢性的に体内の水分量が足りていない人が多いんです。

image-skincare-01
出典:秋冬が乾燥するにはちゃんと理由がある! | ギャザリー

空気中の水分量の低下は避けられない事です。部屋の中なら加湿器を置けば済む話ですが、外の湿度をコントロールすることは出来ません。

なので、秋~冬にかけての乾燥肌対策で最も重要になるのが、肌の皮脂量と水分量を如何にして保つかです。

皮脂と水分で乾燥肌対策

乾燥肌を防ぐ肌のバリア機能
出典:バリア機能を回復し高める5つの方法(まとめ) | オーガニック化粧品のピュアノーブル

肌の皮脂量と水分量を保つ事で、乾燥肌を防げる事は分かりました。では、どうすれば水分と皮脂を保つことが出来るのでしょうか?

乾燥肌を防ぐ正しい水分の摂り方

体内の水分量を保つためには、こまめに水分補給するのが一番です。一度にごくごく飲むのではなく、小刻みでちょびちょび飲むのがお勧めです。

なぜかと言うと、水分を一度にたくさん摂っても、不要な分は尿としてすぐに捨てられてしまうからです。生物は体内の塩分濃度を一定に保つ性質があるのです。

水分を摂り過ぎると、塩分濃度が薄まるので、バランスを取るために水分が捨てられます。逆に、塩っ辛い物を食べると喉が渇きますよね。これは水分を補給して体内の塩分濃度を下げる為です。

皮脂を大事に使おう

そして、問題なのが皮脂です。肌に膜を張って水分の蒸発を防いでくれるわけですが、厄介な事に寒い時季はなかなか皮脂が出ないんです。

要するに、皮脂量が減ってしまうのは避けられないので、少ない量を如何に大事に使うかが重要になってくるという事です。

では、皮脂ってどのタイミングで失われてしまうのか?というと、お風呂で身体を洗っている時に、流されていってしまうんです。

毎日やってるあれを止める

おそらく、多くの方は一年中あたりまえの事として、頭を洗ったり体を洗ったりしていると思います。ですが良く考えてみると、夏と冬では、汗の量も皮脂量も全く違います。

という事は、季節によって体の洗い方を変える必要があるという事です。

例えるなら、カレーを作った鍋は、洗剤をたっぷり使ってゴシゴシと洗う必要がありますが、味噌汁を作った鍋は、サッと洗えばOKですよね。

体も同じで、夏場はしっかりと洗わないと清潔に保てないですが、寒い時季はサッと洗えばOKなんです。

部位によって洗い方を変える

基本的には、シャワーをあてながら、石鹸やボディーソープ無しで手洗いでOKです。

ですが、体の部位によって汗の量や皮脂量が変わるので、部分的に石鹸などを使って洗いましょう。首、脇、胸、お尻、股などですね。判断基準としては、乾燥しにくい部分、放っておいたら臭くなりそうなところは石鹸を使うという事です。

汗をかきやすい部位
出典:汗は無臭でも後処理で差がつく体臭~汗をかきやすい部位と体臭防止法~ – 大往生への道

顔は、おでこと鼻周りのTゾーンと、耳周りは洗顔フォームを使って洗い、頬や口の周りなどの乾燥しやすい部分は、お湯でサッと洗えばOKです。

シャンプーに関しては難しいところです。乾燥による頭の痒みは、3日くらいシャンプー無し(シャワーで良く洗う)で過ごせば治まると思いますが、逆に洗わなすぎると臭いが気になってきます。この辺は、生活習慣や体質によって変わってくるので、自分に合った方法を探してみて下さい。

ちなみに私は、3日置きくらいにシャンプーしています。流石に4~5日くらい経つと獣臭がしてきました。

乾燥肌対策グッズ

上記の体の洗い方を実践すれば、乾燥肌は相当改善されるはずです。

ここからは、さらに保湿力高め、乾燥肌を未然に防ぐ為に有効なグッズを紹介します。

マスク

マスクは装着するだけで顔の乾燥を防ぐ事が出来る便利アイテムです。顔の乾燥が気になる方に非常にお勧めです。外出時はもちろんですが、家の中にいる時にも使用すれば、頬の潤いがキープされ、ツヤのあるもち肌を手に入れることが出来ます。

さらに、鼻の粘膜の乾燥を防ぐという大きなメリットもあります。鼻の粘膜の乾燥は、鼻炎症状が出たり、ウイルスに感染しやすくなるなどの弊害があります。毎年秋~冬にかけて、鼻づまりや鼻水に悩まされているという方は、実は乾燥が原因である場合が多いんです。

加湿器

部屋の乾燥対策には、やはり加湿器が一番です。つけるだけで確実に湿度を高めることが出来るのでお勧めです。

加湿器は主に4種類に分類されます。

  • スチーム式加湿器
  • 超音波式加湿器
  • 気化式加湿器
  • ハイブリッド式加湿器

それぞれメリットデメリットありますが、加湿機能で選ぶのなら、スチーム式かハイブリッド式で間違いありません。

スチーム式は、簡単に言えばお湯を沸かして、蒸気で加湿するという仕組みです。加湿力は一番ですが、電気代がかかります。一時間当たり約7.2円です。高温を保つので雑菌が繁殖しにくく、構造がシンプルなので手入れも簡単です。

ハイブリッド式は、スチーム式と気化式の良いとこどりのような加湿器です。電気代は一時間当たり4.8円と、スチーム式より多少安いのが大きなメリットです。ただ本体代金はスチーム式より少し高めです。

私は以前ハイブリッド式を使用していましたが、フィルターの掃除や手入れが面倒なので止めました。コマメに洗ったり、月一でクエン酸に漬けなければいけなかったり・・・めんどくさがり屋の方には、断然スチーム式をお勧めします。

保湿クリーム、オイル

乾燥が強い部分には、ボディクリーム、ハンドクリーム、リップクリーム、オイルなどを使用しましょう。特に外出前に、手や顔などの露出部分をコーティングすれば、乾燥肌を防ぐ事が出来ます。

乾燥による鼻づまりや鼻のムズムズにお悩みの方は、綿棒にオイルを染み込ませて、鼻の中に塗るとかなり改善されるので是非試してみて下さい。

まとめ

肌の潤いを保つ事は、想像以上に大きな利益をもたらします。見た目も明らかに変化しますし、肌の不快感を解消する事で、痒みや痛みに意識を奪われる事が無くなる為、集中力や忍耐力もUPします。

以前、友人の女性と一緒に食事をしている際、こんな事がありました。「ちょっとお手洗いに行ってくる」と言って、数分後に戻ってきた時に、顔が一気に老け込んでいたんです。あまりの変化にびっくりしましたが、よく見ると、肌のツヤが無くなっていたんです。聞いてみると、「顔がテカっていたから、ハンカチで拭いた」との事でした。

要するに、肌に必要な皮脂や水分も拭き取ってしまったわけですね。ツヤが無くなるだけで、人ってこんなに老けるんだ・・・と驚愕した話です。逆に言えば、水分と適度な皮脂をキープすることが出来れば、若肌は簡単に作れるという事です。

是非、今回紹介した乾燥肌対策法を取り入れて、潤いのある肌を手に入れて下さい。

0 この記事が役に立った!
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です